Google Domains アドレス取得

Google Domains でドメイン名のみを購入してみた。

他のドメインを販売している会社は、レンタルサーバーとセットでないと使えないケースが多かったので、自鯖勢としてドメイン名の購入に踏み切った。

値段はまあそれなりだ。

初年度無料などは無いが、料金は一般的な範囲だった。

固定IPではなく、ダイナっミクDNSが利用したい

Google Domains はダイナミックDNSに対応している。

DDClient がマトモに機能しない

説明通りに「DDClient」を設定したのだが機能しなかった。

なぜか更新がスキップされてしまうのだ。

APIで更新

APIで更新出来るみたいなので、「wget」コマンドを用いて実現する。

なお、ユーザーIDやパスワードはダイナミックDNSを作成したときに割り振られるものなのでメモが必要である。

ホスト名は、ダイナミックDNSで作成したドメイン。「www.magic-object.page」

以下は更新用に作成したシェルスクリプトである

#!/bin/bash
#

IP=$(curl inet-ip.info)

wget --http-user=ユーザーID --http-password=パスワード --spider "https://domains.google.com/nic/update?hostname=ホスト名&myip=${IP}"

検証

問題ないようだ

# dig @8.8.8.8 www.magicobject.page

; <<>> DiG 9.18.7 <<>> @8.8.8.8 www.magicobject.page
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 19200
;; flags: qr rd ra ad; QUERY: 1, ANSWER: 2, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 512
;; QUESTION SECTION:
;www.magicobject.page.		IN	A

;; ANSWER SECTION:
www.magicobject.page.	3600	IN	CNAME	www.magic-object.page.
www.magic-object.page.	60	IN	A	115.177.77.189

;; Query time: 35 msec
;; SERVER: 8.8.8.8#53(8.8.8.8) (UDP)
;; WHEN: Sat Oct 29 03:29:46 JST 2022
;; MSG SIZE  rcvd: 96

DNSサフィックスが4文字以上の場合は注意

「より安全」の言葉に魅力を感じて購入してしまったのだが、特殊なサフィックスは色々と問題があるようなので注意が必要だ。

実は、いくつかのプログラムでは DNSSEC の関係で正常に動作しない場合がある。

「Unbound」や「PowerDNS Recursor」では DNSSEC をOFFにする「val-permissive-mode: yes」(Unbound)や「dnssec=no」(PowerDNS Recursor)を設定する必要がある。

Facebooktwitterfoursquare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です